2007年10月05日

原田知世さんを知ったのは


原田知世さんを初めて知ったのは、数年前でした。
当時は何とも思いませんでしたが、ある時から原田知世さんに対する私の印象がガラリと変わりました。

私がテレビを何気なく見ていると、髪の綺麗な美しい女性が登場しました。
そういえばその女性は原田知世さんではと思って調べてみると、
それは確かに原田知世さんでした。

それを見て、私は今までの原田知世さんの印象がガラリと変わりました。
今までの原田知世さんに対して私は偏見を持っていたことに気がつきました。

原田知世さんはひどい人です。私のこころをズタズタにしてしまって。
今は原田知世さんのことを考えると、仕事に身が入りません。

本当は原田知世さんのことは誰にも教えたくはありません。
一人で楽しんでいるほうがよっぽど楽だからです。でも仕方がありません。

posted by ハラだぶつき at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原田知世 その魅力


私は原田知世さんのお嬢様的な雰囲気が気に入ってます。
彼女の姿を見ていると、教育の厳しいセレブの家庭で育ったのではないかと思うほどです。
原田知世さんはそんな女性です。

そして、原田知世さんのスタイルは鼻血ものなことに私は気付きました。
今までそういう目で見ていなかったからでしょうか。
原田知世さんのスタイルがこんなにも魅力的だとは。

原田知世さんは確かに美人ですが顔が綺麗というのより、その表情に魅力を感じました。
いくら美人でも変な表情をしていてはせっかくの美女が台無しです。
原田知世さんはそれをクリアしています。

あと、原田知世さんの魅力は話し方にあると思います。
声と話し方が一緒になって彼女の魅力が爆発します。
聞いたことがありませんか? 原田知世さんが話しているのを。

それだけが原田知世さんの魅力ではないのです。
私の下手な文章で彼女の魅力を表現しようとしても限界があります。
原田知世さんはこんな素敵な女性なんです。
posted by ハラだぶつき at 22:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原田知世さんの画像をみる

原田知世さんが出演しているドラマ、映画、CMなどの作品を集めてみました。
意外とあるなと思う人、思ったより少ないと思う人など
感じ方は人それぞれだと思います。
これだと思った作品があったら是非一度見てください。



なお、小さな写真をクリックすると、大きな画像が見られます。


【ドラマ】
◆セーラー服と機関銃(1982年、フジテレビ)
◆ねらわれた学園(1982年、フジテレビ)
◆早春物語(1986年、TBS)


◆恋物語(1986年、TBS)
◆しあわせ志願(1988年、NHK総合)
◆びいどろで候〜長崎屋夢日記(1990年、NHK総合)
◆星の流れに(1990年、TBS)
◆琉球の風(1993年、NHK総合)
◆秋の一族(1994年、NHK総合)
◆東京卒業(1996年、TBS)
◆デッサン(1997年、日本テレビ)
◆ストレートニュース(2000年、日本テレビ)役
◆山田風太郎 からくり事件帖-警視庁草紙より-(2001年、NHK総合)役
◆演技者。14歳の国(2003年、フジテレビ)
◆末っ子長男姉三人(2003年、TBS)


◆その5分前 「或る夜の出来事」 (2006年12月26日、NHK総合)
◆原田知世 おとぎの森に迷い込む〜スウェーデン光の祭典・ルシア祭〜(2007年2月14日、BS日テレ)


【映画】
時をかける少女(1983年)


◆愛情物語(1984年)
◆天国にいちばん近い島(1984年)


◆早春物語(1985年)
◆キャバレー(1986年)
◆黒いドレスの女(1987年)
◆私をスキーに連れてって(1987年)


◆彼女が水着にきがえたら(1989年)
◆満月(1991年)
◆結婚 陣内・原田御両家篇(1993年)
◆水の旅人(1993年)
◆スペインからの手紙(1993年)
◆あした(1995年)
◆傷だらけの天使(1997年)
◆落下する夕方(1998年)
◆長崎ぶらぶら節(2000年)
◆村の写真集(2004年)
◆姑獲鳥の夏(2005年)
◆サヨナラCOLOR(2005年)
◆大停電の夜に(2005年)
◆紙屋悦子の青春(2006年)


◆日本の自転車泥棒(2006年)
◆MOONRIDERS THE MOVIE 「PASSION MANIACS マニアの受難」(2006年)
◆となり町戦争(2007年)


【CM】
キリンビバレッジ(当時・キリンビール)『キララ』
◆角川書店『ザ・テレビジョン』
角川書店 時をかける少女(1983年)
◆東芝『SUGAR』『Walky』
森永製菓『ハイクラウン』
◆日本生命
トヨタ『カローラII』
◆資生堂『CELLZ』
サントリー『マドンナ』
◆佐藤製薬『ストナ』『ストナリニ』
ナショナル『エオリア』
全日空『空遊券』
◆ライオン『植物物語』
大塚製薬『ザ・カルシウム』
◆JA『JA貯金』『JAバンク』『JAカード』
◆宝酒造『純レジェンド』
◆JR九州『ナイスゴーイングカード』
◆ソフトバンクモバイル(旧・J-PHONE時代)
◆イオナ『イオンクリーム』『スキンローション』
◆ウテナ『プロカリテ』
◆タケダ『ハイシーホワイト2』
◆旭化成『サランラップ』
◆東芝エレベータ『東芝エレベータ』
AGF『ブレンディ』(2006年3月30日〜)
ノエビア化粧品『ノエビア505』
◆大建工業『さらりあ』
◆マクロミル
◆三井住友銀行「ネットバンキング(お風呂編・雨やどり編)」


【その他】
◆2000 BEST 原田知世


◆Flowers


posted by ハラだぶつき at 22:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
dummy dummy dummy

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。